忍者ブログ
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 梅雨にも入っちゃってうっとおしい天気が続きます。ウチのワンコの散歩にも出れないのがちょっと可哀想。
バイクにも乗れないし…。
 とは言え個人的にはうっとうしいのも雨も嫌いじゃないです。紫陽花が綺麗になって来ると穴子とかこの時期の魚も美味しくなって来ますし。後、雨の日にぴったりの音楽でも聞きながら仕事するのもいいものです。
 と言うことで個人的な雨の日にオススメのアルバムを羅列してみたり。

・Isn't Anything:(My Bloody Valentine)
 シューゲイザーの代名詞的存在、マイブラの1st。霧雨のようなノイズが立ち込める音空間に浸れます。晴れそうに無い曇りの日にもフィット。

・Queen Is Dead:(The Smith)
 80年代のイギリスを代表するバンドのスミスの代表作。引きこもりロックと言えばこれ。雨で外に出るつもりの無い日の音楽。

・AENIMA:(Tool)
 アメリカの異次元ヘヴィロックバンド。雨というか雷雨の暗雲立ち込める感じ。押しつぶすような暗さが楽しい。

・The Eraser:(Thom Yorke)
 レディオヘッドのフロントマンのトム ヨークのソロアルバム。しとしと降る電子の雨のような音が陰鬱に心地よい感じ。

・Stadium Arcadium:(Red Hot Chili Peppers)
 ファンキーなイメージも強いけれども、最近メランコリックなレッチリ。メロウな感じが雨の日の車にぴったり。ノリがよくも寂しい感じがナイス。

・Sleep Through the Static:(Jack Johnson)
最近のサーフサイドミュージックと言えばジャック ジョンソン。雨の日の午後のティータイム、コーヒーブレイクに。雨の降り注ぐ海を海沿いのカフェから眺めるような音楽。

・We Have the Facts and We're Voting Yes:(Death Cab for Cutie)
 アメリカインディロックの雄だった、デスキャブ。染み込む雨水のようなダウナー系甘メロがグッと来ます。

後はグリーグのピアノコンチェルトとかも良いですね。
やっぱり雨の日といえばちょっと陰鬱なセレクトになっちゃいますけど。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
ブログ内検索
最新コメント
[01/31 栗田]
[12/16 まゆら]
[10/11 taiwan]
[10/10 RUFINA]
[02/12 はいな]
忍者ブログ [PR]